ハゲ、薄毛に悩んでいるメンバーが自ら「試す価値があるのか?」を基準にしてセルフケアでのハゲ対策方法についてご紹介しています。

ハゲ対策に有酸素運動は本当に有効?日常生活の中で続けやすい運動とは…

ハゲと運動といわれても、多くの人はただの無関係と考える人が多いかもしれません。

そもそも、ハゲになるさまざまな原因を、お医者様をはじめ髪の専門家、更に薄毛対策会社などの信用がありそうな文献から調べてみた結果、運動不足自体が直接のハゲの原因とはなっていません。

アイキャッチ 根拠の高い6つのハゲになる原因とそのメカニズム

しかし、間接的には関係があり、それは、6つあるハゲの原因のひとつである「血行不良」。

ココでいう血行不良とは、血圧が高い、低いことではなく、血液が流れる量のことをさします。

体内に流れる血液の流れが悪くなると、血液が流れる量が少なくなり、髪の毛に必要な栄養分が十分に送られず、成長が妨げられてしまいます。

血行促進をさせるために、一番大切なのは体を動かすこと。

毎日適度な運動を続けることで、血行不良を改善し、ハゲ対策のひとつとしてつなげていくのです。

もちろん、ハゲになってしまうのは、血行不良だけでなく、様々な原因が絡み合って発生するので、運動だけで改善できるとは考えていません。

しかし、原因のひとつをセルフケアによって改善していくのであれば、日常の中で無理のない範囲で続けることはオススメできるといえるでしょう。

具体的にどのような運動なのか、実際にやってみた結果も含めてご紹介させていただきます。

数ある運動の中でハゲに効果的なのは「有酸素運動」

運動といってもなんでもよいわけではなく、ハゲ対策に有効なのは有酸素運動です。

筋トレや、短距離ダッシュなど無酸素状態で瞬発的に短時間筋肉を動かすような激しい運動は無酸素運動と呼ばれるのに対して、有酸素運動はウォーキングやサイクリングなど、緩やかな動きを長時間続ける運動のことをさします。

長時間運動を続けることで、血の巡りが穏やかに上昇し、血流不足を解消するだけでなく、さらに汗をかくことで体に溜まった老廃物を排出し、体内の新陳代謝が活発になる効果も期待できるんですね。

私ハゲ大学の管理人R.Iも、このハゲと有酸素運動の関係を知ってから日常生活の中で有酸素運動を取り入れていました。

他にもいろいろな対策も並行して行っていたので、運動が効果あった!とは言い切れませんが、はげ対策のひとつとしてやっておいてよかったと思っています。

ただ、有酸素運動でも、セルフケアの中でより効果的なものもありますし、さらに、あきらめずに続けやすいものがあります。

見ている人の中には、有酸素運動にわざわざ毎日時間を割くのはちょっとなー。。と考える人も多いでしょう。(私は実際そうでしたw)

ですので、まず、管理人R.Iが行った日常生活の中でできる有酸素運動についてご紹介します。

ウォーキングとして一駅分余分に歩く日々を続けると代謝の改善を感じることができる!

ウォーキングといっても、わざわざ家に帰ってから着替えて歩く!という準備のいることではありません。

毎日の通勤の帰りだけ、いつも会社からの乗車駅を一駅分スルーして歩いてウォーキングとしていました。(習慣化したので今でも歩いていますよ)

週5で毎日約2.3km歩き続けると…

ここでいう一駅分というはGoogle Mapで測ってみると約2.3kmほどでした。

これを会社帰りにだいたい35-40分ほどかけて歩いていましたね。

通勤の帰りだけですので、週に5回有酸素運動をしていることになります。

これくらいの距離だとちょうどいい感じで息が上がり、家に着く頃にはしっかり汗をかくこともできます。

電車賃がわずかでも浮くというニンジンもあるので、私は続けることができましたねw(ちなみに私は定期券ではありません(笑)

「たった一駅だけ?」と思うかもしれませんが、最初は到着するころには汗だくで息切れしてしまい、改めて日々の運動不足を痛感してしまいましたね…。

ただ、1週間もうすると慣れてきて、時間も5分ほど短縮とスイスイ歩けるように。

気候のいい日はさらに一駅手前から歩くときだってありますよ!

1ヶ月ほど有酸素運動を続けると、代謝がよくなりよく汗をかくようになったと感じる

このウォーキングをはじめて1ヶ月ほどで、体温がなんとなく上がった感じになり、昔よりもお風呂に入った時や外出の時などよく汗をかくようになりました。

こういった体の変化から、代謝と血流の向上には一定の効果は得られたかな…と思っています。

最初の頃はウォーキング中に汗をかいていましたが、日常生活ではそこまで効果は感じていませんでした。。

やっぱり1ヶ月くらい毎日続けて日常生活での変化を効果を感じたので、長く続けるのはポイントだと思います。

3日坊主がいかにいけないことかよくわかりました(笑

こういった私の経験から言えることとして、無理なく続けられるように日常生活の中でできる運動を選ぶのがいいのではと思います。

半年ほど有酸素運動を続けると抜け毛が減り始めたことを感じた

有酸素運動をはじめて3ヶ月くらいたった頃ですかね。

いつもは2,30本くらいあった起床時の枕に残った抜け毛が数本くらいに減っていました。

見た目は変わっていませんでしたが、薄毛の進行が止められたかもと記憶に焼き付いています(笑

ただし、なんども言う通り、これは有酸素運動だけをして感じた効果ではありません。

私が3年かけて実行したハゲ対策総まとめ!セルフケアで続けやすくて効果も実感しやすい方法は?でもご紹介していますが、禁煙・睡眠リズムの改善、シャンプー方法の変更・入浴後のツボ押しなどなどいろいろな対策をすべてやり続けた結果です。

じゃあ、「有酸素運動やってなくても効果あったのでは?」と言われるとそうかもしれないけど、そうじゃないかもしれないとしか答えようがありません。。

ちなみに、「たくさん汗をかいてストレス解消が期待できる」といった効果を唱えている人もいますが、私はそこまでの効果は感じませんでした。

逆に、たくさん汗をかいてストレス解消しようと意識しすぎて、長時間の運動や、負荷をかけてしまうと、それがストレスになり継続できない原因にもなるので、身の丈にあった無理のないレベルの程度にしておくことが大切だと思います。

あとは生活の中で置き換えやすいことって非常に大事です。

運動のためだけに、わざわざ時間をとることは正直、挫折につながりやすいです(笑)

あくまで今までの日常生活に必要な動作を、有酸素運動に置き換えればムダが少なく、また続けやすいと思います。

この観点でハゲ対策にとって続けやすい有酸素運動は「ウォーキング」「サイクリング」に絞られてきますね。

ウォーキング

特に施設に行くこともなく、道具もいらない、基本的に単純反復な運動でもあるので、生活の中にも割と溶け込めやすいというメリットもあります。

出勤時にあるくと汗だくで仕事をはじめないといけないので、退勤時がいいかなと思います。

ちなみに、ウォーキングするときの正しいフォームというのもあります。

厚生労働省のページでわざわざこのようにまとめてくれているので参考にしてみてもいいと思います。

ウォーキングフォーム

私もこのフォームで歩いてみましたが、普段だらだらと歩くだけとは雲泥の差があります。

しっかりと大地をキックしながら歩くと足に負担がかかって痛くなるし、腕を大きく振りながら歩くと、動作のせいなのか割とはやく汗がでてきますね。

ウォーキングをする際は、ぜひこのフォームを意識してみてください。

サイクリング

サイクリング

日常生活の中にとりいれやすいもう一つの方法がサイクリングです。

ウォーキングと同じく、いつも電車を使っているところを、自転車を使うだけでいいので簡単に日常生活の中に取り入れることができるため、継続しやすいと思います。

ちなみに、私はだいたい1日35分ほど歩いていましたが、サイクリングの場合は1日に何分くらいすると同じくらいの効果を得られるのか?

心臓の拍動や呼吸など、人が活動する為のエネルギー代謝は、消費カロリーで数値化することができるため、消費カロリー量で比較してみようと思います。

ウォーキングを35分した場合の消費カロリーが約113kcalに対して、サイクリングは25分すると約114kcla消費することができるのでほぼ同等の効果といえますね。

25分のサイクリングでは大体6.7kmほど進むことができるので、割と長距離すすむことができますね!

がっつり時間を取れる人はスイミングもオススメ

日常生活の中でも置き換えもするけど、しっかりと時間を取って有酸素運動ができるという方。

逆に、きちんと時間を取るからこそ継続できるという方もいますよね。

そういう方には、スイミングがオススメです。

サイクリングやウォーキングは基本的に下半身をメインで動かす運動ですが、スイミングは、水をかく動きとバタ足の動きで全身の筋肉を運動させることができるため、より効果的に血流促進をすることができます。

消費カロリーをみてみると、ゆっくり泳ぐクロール12分でウォーキング35分と同じ量のカロリーを消費することができるのでかなり効率的に血流促進させられることができますね。

日体大の発表したレポートでも、水圧により血液循環がスムーズになったりする効果も期待できると紹介されています。

これをみてスイミングいいなーと思い、体験だけは行ってみましたが継続する自信がなく断念しました(苦笑

週に数回でも通って運動できるという方なら、スイミングもいいと思いますよ!

ストレスを溜めない程度に適度に運動することがポイント

有酸素運動はハゲに対して絶大な効果を与えることはありませんが、継続することでハゲの原因の一つである血行不良を改善する効果を私は実感することができました。

他の対策も実施したけれども、日常生活に有酸素運動を取り入れることで、半年で抜け毛が減少したことも、紛れもない事実ですからね。

わざわざ着替えて靴を履き替えてさぁウォーキングとできる人はいいですが、継続が重要なので、日常生活の中にうまく溶け込ませてみると継続しやすいかと思います。

ただ、継続も重要ですが、それ以上に日常生活の中でストレスになってしまうとまた意味がありません。ストレスも薄毛の原因のひとつになるからです(苦笑

雨の日は休む、暑すぎる日は1日休憩など、ある程度余裕を持って、追い込むよりかは、無理なく続けられる適度な運動を意識し、長い目でみて継続し続けられることを心がければいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。